メンバー紹介

Naoya Segawa
瀬川 直矢 | Naoya Segawa

北欧サンデーを立ち上げたファウンダーです!

1984年生まれの大阪府出身、現在コペンハーゲンに住んでいるフツ〜の日本人です。中学2年の頃から”生きる意味”を考え始め、後に「世界一幸せな国民」として知られるようになるデンマーク人と高福祉国家に興味を抱き、大阪大学外国語学部でデンマーク語を専攻しました。

2006年のデンマークフォルケホイスコーレ留学を経て、2009年に大学を卒業した後は、仕事をしながら「北欧ヒュゲリニュース」を含む異文化交流を目的とした活動を始め、2014年8月にNPO法人北欧ヒュゲリジャパンを設立しました(2015年6月の任期満了およびデンマーク移住に伴い代表理事を退任)。

その後、ITとビジネスを体系的に学び直すため、2015年の8月から2017年の6月までコペンハーゲンIT大学(IT University of Copenhagen)のデジタルイノベーション&マネジメントという修士課程に在籍。

ビジネス、イノベーション、社会科学といった様々な学問分野のアプローチを組み合わせて「テクノロジーと社会がどのように関連し、また影響し合っているのか」について学んだ後、今までの経験を活かすべく、北欧サンデーを始めました。

YouTube動画では僕の周りにいるフツ〜の友達が、日々何を考え生活しているのかを”ゆる〜く”お伝えしておりますので、ぜひぜひ”ゆる〜く”応援していただければ嬉しいです!


Banri Hayashi
林 万理 | Banri Hayashi

デジタルマーケティングとSNSの運用を担当しています!

こんにちは!ばんりです。1993年生まれの山口県出身です。電車が1時間に1本しか来ない田舎で思春期を過ごしました。その後、大分県にある立命館アジア太平洋大学(APU)で、国際経営学部でマーケティングや組織行動論などを勉強しました。

高校1年生の頃から約6年間、『不幸ではないけれど、幸せではない』というモヤモヤ気持ちを抱えていました。その感情を解消するため、2015年から1年間、交換留学生としてコペンハーゲン大学でデンマークの社会福祉を勉強しながら、デンマーク人の幸福観について考えました。

同時に、北欧研究所でインターンとして参加し、デンマーク人が幸福と言われている理由やギャップイヤーについてインタビューをしました。

日本に帰国後、「幸せに生きるとは?」というテーマで瀬川さんと一緒に北欧サンデー運営しています!

最近ハマっていることは、カメラ、Netflixで海外ドラマ視聴(特にDownton AbbeyやThe Crown)、そしてプログラミングの勉強です!

みなさん、よろしくお願いします。


Michiyo Terasaki
寺崎倫代 | Michiyo Terasaki

コンテンツの編集とイベントの企画を担当しています!

はじめまして、Michiyoです。1980年生まれ、千葉県出身。幼いころから「国が違えば価値観も常識も異なる」ことから既成概念を外し視野を広げてくれる海外に憧れ、早稲田大学在学中に米国ワシントン大学のインターンシッププログラムで約1年間留学しました。

卒業後は、フランス系商社や広告代理店などを経て外資系放送局の広告部門にて6年間勤務。その後、「大人のギャップイヤー」と称して働き方を見直すべく2017年4月より、かねてより憧れだったデンマークの成人向け教育機関・フォルケホイスコーレへ人生2度目のとなる留学をし、高福祉な社会システムと政治(主に民主主義)について学んできました。

現在は、編集者&ソーシャルアントレプレナーを目指して修行中です。趣味は美容全般(特に筋トレとリンパマッサージ)、料理(食べる方と作る方)、海外の地元スーパーめぐり(未知の製品に出会うこと)。

この北欧サンデーが、日本で幸せや生き方について考える人たちへ”色んな考え方”を提供できる場になるといいなぁ、と思います。


Michael Hockenhull
ミカエル | Michael Hockenhull

北欧サンデーのレギュラーゲストです!

こんにちは!僕の名前はミカエル・ホッケンフルです。1987年生まれのフレデリクスバーグ(デンマーク)出身です。デンマークの首都であるコペンハーゲンで育ちましたが、3年間ネパールに住んでいました。

コペンハーゲン大学で哲学の学士号と修士号を取得して、今はコペンハーゲンIT大学の博士課程に在籍しています。私の研究しているのは、都市環境における公的または個人的なパートナシップによるビッグデータの利用についてです。

若い頃から長い間、哲学的で実存主義的な課題に興味を持っています。「現実世界での究極の自然体って何だろう?」、「1人の人間が存在するように、究極の自然体が存在するために意味するものは何?」、「それをもとに私は何をするべきなんだろう?」という疑問を持っています。

このような課題を考えることが知的に刺激的なものを読むようになる私の今の仕事につながっています。そして、先に説明した経験主義的な態度における現実を研究することに関係しています。

このようなことを考えることは難しい仕事ですが、リラックスするために自由な時間には他のこともしてるんですよ。実は、長い間日本の文化のファンで、漫画やアニメを楽しんでいます。それと、映画やテレビシリーズ、ゲーム、そして週5日のエクササイズも好きです。

特に好きなことは、お話すること、知的で面白い小説とチョコレートアイスクリームです!

Hello! My name is Michael Hockenhull, and I was born in 1987 in Frederiksberg, Denmark. I grew up mostly in Copenhagen, Denmark’s capital city, but also lived three years in Nepal.

I hold a Bachelor’s and Master’s degree in Philosophy from the University of Copenhagen and am currently doing a PhD at the IT-University of Copenhagen. My research centers on the use of big data by public-private partnerships in urban settings.

Since a young age I have been interested in philosophical and existential questions, such as what is the ultimate nature of reality, what does it mean to exist and as a person that exists, what should I do?

This has led me to my current occupation where I get to read intellectually stimulating things and try to investigate aforementioned reality in an empirical manner. It is hard work to think about such things however, so I do other stuff in my spare time to relax.

I have been a fan of Japanese culture for a long time, and so enjoy some manga and anime. I also like movies, tv-series and video games, and exercise five days a week. My favourite things are good conversations, intelligent and engrossing stories and chocolate ice cream!


Kris Blimling
クリス | Kris Blimling

北欧サンデーのレギュラーゲストです!

こんにちは、クリスです。1992年生まれでスウェーデンのストックホルムで育ちました。

写真家として5年間、主に旅行や文化、個人のストーリーなどに集中しながら専門的な経歴をスタートさせましたが、私の興味があったのはアートの撮影ではなく、人々であり、人々の関係がどのように働いているのかであるということに気づきました。

デジタルビジネスを勉強するために、ハイパーアイランドに渡ってトランスフォーメーショナル・リーダーシップと組織変革を専攻し、それ以来この2つ分野に関するプロジェクトに取り組んでいます。

私の大きな熱意とコミットメントの1つは学ぶこと、つまり教育です。将来教育にインパクトをもたらすことができればと思っています。私は知識のスポンジであり、量子物理学や焼き物のことであろうと多くのことを知ろうとします。ほとんどのことに面白みを見出すのです。

自分の専門以外では、料理をすること、食べ物の世界を探究すること、たくさん身体を動かして遊ぶことが大好きです。また数多くの例のいくつかをあげるとしたら、ホットソースを発酵させることや、日本の刀作りについて学ぶこと、木に登ること、武術、障害物レースで走りこと、そしてハードコアにゲームをすることです。

Hi, I’m Kris, and I was born in 1992 and raised in Stockholm, Sweden.

I started my professional background working as a photographer for 5 years focusing mainly on travel, cultures and personal stories where I realized that it was not the art of photography I was interested in but the people and how their relationships worked.

I went on to study Digital Business at Hyper Island where I specialized in Transformational Leadership and Organizational Change and ever since been working with projects involving the two.

One of my biggest passions and commitments are learning, and education and I hope to impact that more in the future. I am a knowledge sponge and will most likely want to know more about it whether it is about quantum physics or pottery, I find most things fascinating.

Outside of my profession, I love to cook, explore the world of food, move and play a lot. Some of the thousand of examples would be fermenting my own hot sauces, learning about Japanese knife making, climbing trees, martial arts, running obstacle races, and hard core gaming.


Thomas-Dünweber
トーマス | Thomas Dünweber

北欧サンデーのレギュラーゲストです!

こんにちは、みんな!トーマスです。1986年にデンマークで生まれて、今はコペンハーゲンに住んでいます。認知科学とコミュニケーションが主専攻で、哲学が副専攻です。

人の行動に興味を持っています。例えば、「どうして私たちは行動するの?」「何を行動するの?」そして「行動を変えていきたいと思った時にどのように変えていくの?」ということに関心があります!

今は、新しい組織での仕事へ転職中で、ビジネス・テクノロジーやプロセス最適化の分野に関するコンサルタントして働く予定です。 多分、行動心理学に多く関わりながら働くことになると思います! 🙂

それと、今は友達や家族と過ごす時間と他の国や文化を探究してみるのを楽しんでいます。

気軽に連絡してね 🙂

Hey there! My name is Thomas Dünweber. I was born in Denmark in 1986 and currently live in Copenhagen. I have a minor in philosophy and and a major in cognitive science and communication.

I’m interested in behaviour: Why we do what we do and how we might change that if we want to! In my major I focused on behavioural psychology trying to understand things like habits, interaction, and intuitive design.

I’m changing to a new job in a new organisation where I will be working as a consultant within the field of business technology and process optimisation – hopefully working with plenty of behavioural psychology! 🙂

Besides that I enjoy spending time with friends and family and exploring other cultures and countries.

Feel free to reach out 🙂


Emil Garde Frederiksen
エミール | Emil Garde Frederiksen

北欧サンデーのレギュラーゲストです!

こんにちは!エミールです。1989年生まれで、Humlebaekというコペンハーゲン北部の小さな町で育ちました。今はグローバルビジネス情報科学という学士号を取ったコペンハーゲンIT大学で、修士過程を修了しようとしているところです。

学生社員としてデンマークの外務省と働いています。卒業後はITとビジネスを組み合わせて働ければ良いなと思っています。その理由は、私はいつも人びとの生活をより良くするための方法として、ITとテクノロジーに注目しているからです。

自由な時間では本を読むのが好きで、よくノンフィクションの科学の本を読んでいますが、それだけではないですよ。科学についてが興味あって、もし他の学問分野を選択していたら、それは物理学だったでしょう。

自分自身は、ライフスタイルやデザインについて一般的な興味を持っているとは思いませんが、日本のミニマリズムのライフスタイルについて関心があります。また、コーヒーが好きで、たまにゴルフもしますし、自然の近くで暮らすことが好きです。

Hi! I am Emil Garde Frederiksen. I was born in 1989 and raised in Humlebæk, a small town north of Copenhagen. I am on my way to completing my master’s degree at the IT-University of Copenhagen, where I also took my Bachelor’s degree in Global Business Informatics.

I am working as a Student Worker at the Danish Ministry of Foreign Affairs. I hope to work with a combination of IT and business after I graduate, because I have always been interested in IT and technology as a way to improve human life.

In my spare time I like to read books, mostly non-fiction science books, but not exclusively. I am generally interested in science and if I were to choose any other field of study, it would probably have been physics.

I don’t think of myself as interested in lifestyle and design in general, but I am nevertheless inspired by the Japanese minimalism lifestyle. I also like coffee, I play golf once in awhile, and I like to live close to nature.