北欧の教育

北欧の教育とフォルケホイスコーレ・フォルクフーグスコーラについて

北欧の教育について数年前に「北欧留学ネットワーク」と題し、北欧ヒュゲリニュースメンバーでいくつかの記事に分けて書いていた情報を1つにまとめました。

完璧なまとめではありませんが、大まかな仕組みが理解いただければ幸いです(記事末のフォルケホイスコーレ情報は2015年のものですので、実際に留学を検討されている場合は各学校のウェブサイトにて最新の情報をご確認ください)。

デンマークの教育事情

一般的には、小中学校(フォルケスコーレ)を卒業後、大学進学を想定した高等学校や、実務に力を入れた職業訓練学校などに進みます。

しかし、小中学校の代わりにフォルケホイスコーレ(後述)の影響を受けて19世紀に生まれたフリースコーレ(「自由な学校」という意味)へ行く子どももいます。

また、14歳から18歳までの子どもを対象にしたエフタースコーレと呼ばれる学校もあります。これは全寮制の学校で、若者限定のフォルケホイスコーレのような学校ですが、単位や資格を与えないフォルケホイスコーレとは違い、エフタースコーレ卒業後には大学入学資格が得られるようになっています。

デンマークでは高等学校卒業、またはそれと同等の資格(職業訓練学校卒業など)を持っていれば、進学することが可能です。

ただし、進学したいコースに志願するにあたり、高等学校の成績が基準をクリアしていない場合は成人教育機関で必要なコースを履修する必要があります。

デンマークの大学は基本的に5年制(学士3年+修士2年)であり、総合大学の他、教員養成大学や工科大学などの単科大学があります。

他にもエンジニアやデザイナー、看護師などの専門士(Professional bachelor)になるための3年半の教育課程や、エネルギー技術やマネジメントなどの理論と実践を2年かけて学ぶアカデミー・プロフェッション・プログラムなどを選ぶことができます。

スウェーデンの教育事情

スウェーデンでは、7歳から始まる9年制の小中学校(グルンドスコーラ)卒業後、大半は3年制の高等学校(イムナシエスコーラ)に進学します。

高等学校は6つの大学進学プログラムと実習の多い12の職業プログラムに分かれ、どちらのプログラムに進んでも、大学進学のための資格を修得することができます。

高等学校の大学進学プログラムは経済、芸術、人文、自然科学、社会科学、工学に分かれ、職業プログラムは保育、建設、電気、流通、経営、観光、手工芸、機械、農業、食品、住宅、看護に分かれています。

スウェーデンの大学入学選抜はデンマークと同じく、大学進学資格と成績によって行われます。

大学は博士課程まである総合大学(ウニヴァシテット)と、修士課程までの単科大学(フーグスコーラ)があります。

スウェーデンの成人教育機関には、市町村が運営しているコムブクスと自由な校風のフォルクフーグスコーラの二つがあります。

コムブクスは成績習得を目的とした学校である一方、フォルクフーグスコーラは成績習得の他に、技術を学ぶ場であり、「人としての成長」も目的とした学校です。

デンマークのフォルケホイスコーレ

「フォルケホイスコーレ」と呼ばれる成人教育機関が、デンマーク全土に約70校あります(日本では「フォルケ」、デンマークでは「ホイスコーレ」と呼ぶことが多い)。

※フォルケホイスコーレの生活の様子をご覧になりたい方は『フォルケって何だ?デンマークから始まった「おとなの幼稚園」をご紹介』を併せてご覧ください。

高校を卒業したものの自分がこれから何をしたいのかがまだはっきりとわからなかったり、5年間の大学生活の中で少し息抜きをしたかったり、はたまた学校を卒業し数年ほど働いた後にリラックスしたいといった時にデンマーク人が利用しています。

いわゆる「学校」なのですが、原則17歳半以上(学校によっては制限あり)であれば誰でも入学可能です。

入学試験もなければ、在学中の試験もなく、成績表もありません。

遠足やグループでの活動も多く、自分の興味関心を刺激しながらゆったりと時間を過ごします。

フォルケホイスコーレはデンマーク発祥の成人教育機関で、基本的には全寮制です。

フォルケホイスコーレで過ごす最大の目的は、今までの生活から少し離れて新しく出会った仲間達とともに共同生活を送り、対話を通じて「自分を学ぶこと」、そして「自分を知ること」とされています。

期間は1週間の短期コースから10ヶ月の長期コースまで幅広いです。短期コースには大人の参加者が、長期コースには若者が参加する傾向があります。

費用はコースによって異なりますが、短期コースの場合の費用【授業料、部屋代、食費[1日3食]】の目安は9〜10万円程度、長期コースの場合は月12万円程度です。

学べる科目は、デザイン、手工芸、テキスタイル、写真、インスタレーション、彫刻、芸術、ビジュアルアート、建築、グラフィック、音楽、歌唱、演劇、ダンス、文学、語学、哲学、教育、心理学、歴史、文化、宗教、社会、政治、旅行、コミュニケーション、メディア、映画、自然、アウトドアライフ、自然科学、数学、体育、体操、球技、スポーツ、アウトドアスポーツ、セーリング、水上競技、健康、食、ライフスタイル、自己啓発など、多岐に渡ります。

授業に関して特徴的なことは、テキストを使うのではなく「対話が中心」ということです。

ただ、試験も成績表もないので、目に見えたキャリアアップを目指す人には向いていません。

それでもデンマークだけでなく、他の国からもフォルケホイスコーレに滞在しにくる人が後を絶ちません。

それはなぜなのか。

それは、目先の利益だけでなく、対話を通じて「自分を学ぶこと」、そして「自分を知ること」ができる時間を、多くの人が求めているということでしょう。

これこそまさに、フォルケホイスコーレが「生のための学校(Skolen for livet)」と呼ばれる理由です。

スウェーデンのフォルクフーグスコーラ

「フォルクフーグスコーラ」と呼ばれる成人教育機関が、スウェーデンには151校あります(2015年8月時点)。

原則18歳以上を対象とした成人教育機関で、3種類の長期コース(3週間~3年)と、13歳以上が参加可能な、夏休みや週末、数週間のみの短期コース(1日~14日)があります。

長期コースには、大学などに進学するための資格を修得することを目的とした普通科コース(アルメンクシュ)、音楽や観光などある事柄に特化した特別コース(プロフィールクシュ)、ジャーナリストや手話通訳者などある職業を目指す職業教育コースがあります。

デンマーク同様、スウェーデンのフォルクフーグスコーラは、様々なバックグラウンドをもつ人同士の対話を重視しています。

政府から決められた学習指導要領をもたないため、コース内容を生徒と教師が一緒に自由に作ることができ、知識をつけることだけではなく、「人として成長する」ことを目的にしています。

対話を重視している点から授業だけでなく生活を共にすることを大切に考え、多くの学校では校内に寮があります。

費用は、コースや開催期間、寮のタイプによって異なりますが、短期コースの場合の費用(授業料、部屋代、食費)の目安は7~8万円程度、長期コースの場合は月7万円程度です。

学べる科目は、デザイン、手工芸、テキスタイル、陶芸、写真、ダンス、音楽、絵画、文学、彫刻、鍛冶、演劇、木工、野外活動、体育、家庭科、エコロジー、自然科学、造園、国際、言語、通訳、観光、IT、映像、ジャーナリズム、コミュニケーション、音響、メディア、ラジオ、経済、ジェンダー、持続可能な開発、文化、リーダー育成、宗教、警察、社会科学、心理学、看護など、多岐に渡ります。

スウェーデンの場合は、大学進学のために就学している場合もあり、学校やコースによってはコース内で独自の試験を課している場合があります。

しかし、試験結果は成績としてつけられるのではなく、あくまでどれだけ成長したかの目安として利用されています。

自分がしたいことが分からない、したいことがあるけれど本当に合っているのか分からない、次の目標のためのステップアップといういう人が、フォルクフーグスコーラで学んでいます。

デンマーク語が学べるフォルケホイスコーレ

「外国人のためのデンマーク語」が学べるフォルケホイスコーレは、デンマーク全土に25校あります(2015年5月現在)。

そのうちデンマーク語を主教科として学べる学校は4校しかありません。

副教科としてデンマーク語コースを提供している学校の場合、週あたりの授業数は学校によって様々で、また、生徒数によっては開講されない場合もあるので注意が必要です。

デンマーク語を主教科として選べるフォルケホイスコーレ

  • Brenderup Højskole – ブレネロップ・ホイスコーレ
  • Højskolen på Kalø – ケルー・ホイスコーレ
  • Rønshoved Højskole – ロンスホーデ・ホイスコーレ
  • Vrå Højskole – ヴォ・ホイスコーレ

デンマーク語を副教科として選べるフォルケホイスコーレ

  • Bornholms Højskole
  • Brandbjerg Højskole
  • Brande Højskole
  • Den Internationale Højskole
  • Gymnastikhøjskolen i Ollerup
  • Hadsten Højskole
  • Højskolen Snoghøj
  • Idrætshøjskolen Bosei
  • Jaruplund Højskole
  • Jyderup Højskole
  • Kolding Internationale Højskole
  • Musik og Teaterhøjskolen
  • Nordfyns Højskole
  • Odder Højskole
  • Ry Højskole
  • Rønde Højskole
  • Silkeborg Højskole
  • Testrup Højskole
  • Uldum Højskole
  • Vallekilde Højskole
  • Vestjyllands Højskole

英語が学べるフォルケホイスコーレ

英語が学べるデンマークのフォルケホイスコーレは、デンマーク全土に15校あります(2015年5月現在)。

そのうち英語を主教科として学べる学校は1校しかありません。

副教科として英語コースを提供している学校の場合、週あたりの授業数は学校によって様々で、また、生徒数によっては開講されない場合もあるので注意が必要です。

英語を主教科として選べるフォルケホイスコーレ

  • Den Internationale Højskole – インターナショナル・ピープルズ・カレッジ(IPC)

英語を副教科として選べるフォルケホイスコーレ

  • Bornholms Højskole
  • Brande Højskole
  • Brenderup Højskole
  • Egmont Højskolen
  • Gymnastikhøjskolen i Ollerup
  • Hadsten Højskole
  • Højskolen Snoghøj
  • Højskolen Østersøen
  • Kolding Internationale Højskole
  • Nordfyns Højskole
  • Odder Højskole
  • Rønshoved Højskole – Højskolen ved Flensborg Fjord
  • Vrå Højskole
  • Aalborg Sportshøjskole

デンマークで社会福祉を学ぶ

高福祉高負担で知られる北欧の社会福祉制度。

フォルケホイスコーレに滞在することで、デンマークの社会福祉や医療制度に関する理論・概要とともに、日常生活の中でどのように高齢者や障害者の方々と接しているのかを、実体験を通じて学ぶことができます。

社会福祉を主教科として選べるフォルケホイスコーレ

  • Nordfyns Folkehøjskole – ノーフュンス・ホイスコーレ

社会福祉を体験しながら学べるフォルケホイスコーレ

  • Egmont Højskolen – エグモント・ホイスコーレ

デンマークでデザインを学ぶ

アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、フィン・ユール、ポール・ヘニングセンなど、デンマークにはかつて数多くの巨匠と呼ばれるデザイナーがいました。

フォルケホイスコーレに滞在することで、デザイン理論の習得に繋がるだけでなく、一流デザイナー達が生涯を過ごしたデンマークという環境そのものを体感できるチャンスが得られます。

デザインが学べるフォルケホイスコーレは、デンマーク全土に23校あります(2015年5月現在)。

そのうちデザインを主教科として学べる学校は10校です。

副教科としてデザインコースを提供している学校の場合、週あたりの授業数は学校によって様々で、また、生徒数によっては開講されない場合もあるので注意が必要です。

デザインを主教科として選べるフォルケホイスコーレ

  • Borups Højskole København – ボーロップ・ホイスコーレ
  • Den Skandinaviske Designhøjskole – スカンジナビア・デザインホイスコーレ
  • Designhøjskolen Højer – ホイヤ・デザインホイスコーレ
  • Krabbesholm Højskole – クラベスホルム・ホイスコーレ
  • Kunsthøjskolen i Holbæk – ホルベック・芸術ホイスコーレ
  • Odder Højskole – オダー・ホイスコーレ
  • Rødding Højskole – ロディング・ホイスコーレ
  • Skals – højskolen for design og håndarbejde – スカルス・ホイスコーレ(デザイン・手工芸)
  • Uldum Højskole – ウルドム・ホイスコーレ
  • Vallekilde Højskole – ヴァレキレ・ホイスコーレ

デザインを副教科として選べるフォルケホイスコーレ

  • Brandbjerg Højskole
  • Brenderup Højskole
  • Den Internationale Højskole
  • Grundtvigs Højskole
  • Jyderup Højskole
  • Nørgaards Højskole
  • Rønde Højskole
  • Silkeborg Højskole
  • Suhrs Højskole
  • Ungdomshøjskolen ved Ribe
  • Vejle Idrætshøjskole
  • Vrå Højskole