イベントまとめ

なぜ北欧は幸せな国なのか?15年間デンマークに関わって出した答え【イベントまとめ】

幸福度を高めるために必要な3つの要素?

10/28(月)に大阪の淀屋橋にある北欧をコンセプトにしたレストラン「ケイット ルオカラ」にて、「デンマークの教育と働き方から学ぶデンマークの豊かさ」と題したトークイベントを開催させていただきました。

「なぜデンマーク人は世界一幸せなのか」に対する答えは、イベント主催の株式会社ノースオブジェクトさまのブログ記事「北欧夜活!デンマークの教育と働き方から学ぶデンマークの豊かさとは?トークイベント&交流会を開催しました@ケイットルオカラ」でまとめていただいている通り、

  1. 手厚い社会福祉
  2. 対話を重視した教育
  3. 効率重視の働き方

がデンマーク社会に根付いているからだと、今の僕は考えています。

豊かになるためにお金は必要?

これは間違いなくYESです!

僕は高校に入るまでは比較的裕福な家に生まれたと感じていましたが、高校3年生になる直前に父親の借金で家庭が崩壊。

そこからは友達に服や靴をもらったり、お弁当をつくってもらったりと周りに助けてもらいながら、大学受験を一旦あきらめてアルバイト。

勤務先で廃棄する食事を家に持ち帰らせてもらったりもしながら、母と兄と協力し、なんとか苦しい時代を生き延びてきました。

子どもは親(の経済力)に振り回されるしかないという理不尽さ。

これを社会福祉でカバーしている北欧の仕組みが、当時はうらやましくて仕方ありませんでした。

最低限のお金がなければ、気持ちは荒んでいきます。でも「最低限」ってどれくらいなんでしょう?

幸せな気持ちは何から得られる?

豊かさを感じるために必要な「最低限のお金の基準」は人それぞれです。周りの環境によっても大きく変わります。ただ、経済的な豊かさだけでは、幸せを感じることは難しいでしょう。

では、本当に幸せだと感じるには他に何が必要なのか。

それは「自分らしさ」だったり「精神的な豊かさ」と言われるものです。そして、それは自分の内側でしか見つけることは出来ません。

何が自分を幸せにしてくれるかは、自分にしかわかりません。幸せになるための正解やノウハウを自分の外側である「世の中」に求めているうちは、本当に幸せにはなれません。

そして、自分の内側にある「何が自分を幸せだと感じさせてくれるのか」は、周りとの関わり合いを通じてしか気付くことはできません。

ただの「おしゃべり」ではなく、自分が何を感じ、何を考えているのかをお互いに伝え合う。そういった対話を通じて、自分自身を客観的に知ることができるようになります。

この「対話」をとても大切にしているのがデンマークの教育だと、フォルケホイスコーレに留学し、コペンハーゲンIT大学の修士課程を終えた経験から感じています。

そんなに忙しくする必要は本当にある?

経済的に豊かで、自分の軸がしっかりしていたとしても、常に「誰か」や「何か」に急かされていては幸せだと感じることは難しいでしょう。

デンマークは基本的に週37.5時間労働ですが、それ以上働いている人ももちろんいます。

日本の残業との違いは、それが「自発的であるかどうか」でしょう。

残業している=頑張っていると評価をされることはありません。むしろ就業時間内にやるべきことが出来ていないと見られます。仕事量が多すぎるのであれば、それはマネジメントが出来ていない上司の責任です。

本当に必要な仕事から優先順位をつけて取り組み、決められた時間で成果をあげることが求められる労働環境。

それは裏を返してみれば、それだけ自分自身の能力を高めること、そして高め続けることが求められる社会だとも言うことができます。

幸せだと感じるために【何よりも大切】なこと

僕は大阪で生まれ育ち、30歳になる前にデンマークに移住しました。日本と比べて北欧は

  1. 手厚い社会福祉による「経済的な豊かさ」
  2. 対話を重視した教育による「精神的な豊かさ」
  3. 効率重視の働き方による「時間的な豊かさ」

を得られる可能性が高い社会です。とはいっても、みんなが毎日幸せで穏やかな毎日を過ごしているわけではありません。

スウェーデンは60年代には先進国で一番自殺率の高い国でした。北欧諸国の自殺率(10万人あたり)は年々下がってきていますが、それでもスウェーデンの自殺率は14.8、デンマークは12.8となっています。ちなみに日本は18.5です(参考:Suicide Rate By Country 2019)。

どんな社会に生まれても、幸せと感じられるかどうかは自分次第です。ただ、幸せのために何より大切なことは、こういった目に見える社会システムではありません。

悩みながらも毎日を一生懸命に生きる中で、自分の周りにいてくれる人を大切に思い、また大切に思われているという実感。

今は亡き母を思いながら、僕はそう感じています。

YouTubeライブ配信中!

隔週日曜日に北欧の働き方・教育・子育てをテーマにして、コペンハーゲンからライブ配信を行っています。ライブ配信中に聞いてみたいご質問やコメントなどは、お気軽にYouTubeのチャット機能からお知らせください!

チャンネル登録はこちら