出身はどこ?外国人を両親に持つスウェーデン人のアイデンティティを考える

こんにちは!北欧サンデーのウェブサイトを運営している林です。今週末から、コペンハーゲンで日曜日の昼下がりに”ゆる〜く”話をしている様子をYouTubeで配信いたします。昨日に引き続き、今日は2人目のレギュラーゲストのご紹介です。

スウェーデンのストックホルムで生まれ育ったクリスさんですが、両親が外国人であるため、『どこ出身?』と聞かれても困惑するそう。自分と両親の故郷が違うことについて、どのように考えているのでしょうか。

また、写真家として活動を始めたものの、写真よりも人に興味があることに気付き、大きくキャリアチェンジをされたようです。社会人類学を勉強した後に、ハイパーアイランドでデジタルビジネスを学び、現在はイノベーション&プロセスマネージャーとして働いているのだとか。

この続きは、7月9日(日)に公開予定です。明日は、3人目のレギュラーゲストであるデンマーク人のトーマスさんについてご紹介しますのでお楽しみに!

この記事をお友達とシェアしてください!